体感しかないですよね〜(^^)

先日、塗り壁体験をさせていただいた

工事現場がもうそろそろ完成です。

完成お披露目会を開催しますので、

ぜひ、体感されてください。

まず、体感しかないですよね。

いろいろ見ても迷うばかり、

なぜ、迷うのかというと考えるからですね。

考えると迷うばかりなんです。

しかし、体感は迷いません。

どこで家を建てるとか全く考えずに

ただただ、体感してみると、

より体感がわかりやすいです。

Be.Homeでは見学会と言わず、

体感会と言ってるのかそういう訳です。

どちらにしても、一生に一度だと

思うと迷いますよね。

体感は少なくとも、空気感が良い?か

悪い?か、よくわからないの三択しか

ありませんので迷うことなしです(^^)


【空気を食べに来やぁ】


あなたの心を塗り替え隊

あなたも体験してみませんか?


塗り壁体験☆夫婦愛編❤️

塗り壁体験をしました。


新婚さん夫婦の新居の寝室を

夫婦ふたりで、仲良く塗り壁を塗るって

どんなけ幸せなの?

しかも、奥様は新しい命がお腹に宿っていて

3人での塗り壁体験でした。


お二人は類をみないほど、

上手くて、何も教えることがありません。

どんどんぬっていって、

しっかり仕上げました。

二人の共同作業が無事終わりました。


この時代に生まれて、

この日本に生まれて、

この岐阜で、

愛おしい家族とともに

新しい家で暮らせるこの奇跡に

感謝以外になにがあるのだろうか?

と思うほどです。

このお宅は、

来る12月2日・3日の両日で

新築邸完成お披露目会を開催します。


自分たちの家の空間の壁に

手をかけて、

面倒をかけて、

この世にただ一つしかない家を

ぜひ、ご体感くださいね(^^)


健康リノベーションopen house

雨だ雨だ、でもこんな時は空気の違いがわかります。岐阜市にて、健康リノベーションの凄いのができました。何が凄いのか?というと、部屋中に塗り壁が塗ってあって、しかも木の塗り壁です。和風の空間には抜群の味わいを出しますし、なによりも空気感が全く違いますよ。

この土日でやってますので、よかったらどうぞ!


上棟しました。

上棟が終わりました。
↑昨日の上棟

先月に北方で上棟があり、

昨日、また北方で上棟です。

来月、本巣市で上棟で、

なんだか、すっかり本巣近辺ですね。


↑先月の上棟


夏も終わりに近づいてきましたが、

天気もコロコロ変わりますね。
昨日はにわか雨?

って感じでしたけど今日はカラッと

晴れました。
また、温度が上がるそうです。
私は昨夜、叔母の所で寝たんですが

正直、風邪をひきかけました。
まだ、鼻がグジュグジュでマスクを

してますけど、風邪はひいてません。
なんで、風邪をひきかけたかというと

エアコンがかかってたからです。
叔母の家は最新式のエアコンが付いてて

24時間付けっ放しでも自動でコントロール

してくれるから、帰ってスイッチを入れ

っぱなしの方がいいとのことでした。
でも、やはり機械は機械で、

人間の体調のことまで読み取れません。
温度は多少コントロールできても、

温度や湿度、それに睡眠状態や体調など

それらに対応できるわけではないんです。
そもそも、それは私たちの体がやってくれ

ます。
体がやってくれることを

機械や他のものに依存すること自体に

大間違いの元があるわけです。
なので、エアコンを切り、夜は扇風機で

タイマーか、窓を開けられる人は

窓を開けておくことですね。
当然、それでは暑かったりして

汗をかきながら寝るのかもしれませんが

その方が健康にいいんです。
私自身、そうやって暮らしてるので

間違いないです。
エアコンではなぜ、ダメなのか?

もう一つの理由は、エアコンだと

そもそも体調を崩しやすいからなんです。

エアコンの中を空気が通り、空間に放出

する原理を考えてみてください。
最近では除菌機能なども付いてますが

生の空気が一番良いのは説明しなくても

想像できますよね。
そもそも、除菌機能があること自体に

違和感を持ってください。
24時間換気の義務づけと同じで

24時間換気をつけないとマズイという

裏返しなんです。

そのままだと、シックハウスになっちゃう。

だから、シックハウス対策24時間換気

なんです。
つまり、除菌機能をつけないと

菌だらけになって、菌を培養して

放出しているからってことなんです。
同じように、空気清浄機も発売当初は

菌の培養機械となったのは結構有名な

話です。
私はいつも家づくりについて必ずお話する

話があります。
本来の家づくりの話です。

もちろん、その話はどんな工法がいいとか

どんな断熱がいいとかいうものではありません。
そもそも家づくりはどうだっだんだという

お話です。そのためな歴史を振り返り、

これが日本人の本来の家づくりですよって

話をさせてもらってます。
本来の家づくりの話を知らずに

現代の話だけ聞いても、迷うだけです。

迷う対象はほとんど何かのどこかの宣伝

によるものです。
それって、おかしいですよね。

どうせ、迷うなら本来の家というものを

知ってから迷わないと意味がないと

思いませんか?
さて、今日は久しぶりにセミナーをします。

しかも、東京でします。
ありがたいことに知り合いの方が

段取りしてくれました。
いつも通りお話はさせてもらいます。

 


そんなバナナ〜

最近ハマってます。

丸ハマりです。

バナナにハマってます。

おそらくバカ売れなんじゃないかって

思いますがみなさんは何かわかりますか?

わかりませんよね〜(^^)

そう、これ!


豆乳バナナです。

美味しすぎて毎日主食にしてます。

私はほぼ毎日が一食なんです。

夜以外は食べない。

なので、お腹が空けば

この豆乳バナナか

最近は炭酸水も飲みますね。

豆乳バナナは一食に入りそうだけどね。

なぜ、1日1食が多いのか?

というと、

私は高2の時に手術で

胃とか十二指腸とかがなくなりました。

お医者さんからは

普通の人と同じ生活はできないと

言われましたが、

その時はよくわかりませんでした。

退院後すぐに理由はわかりました。

毎日、お腹をこわすのです。

何を食べても氣持ちがわるくなり

ぜんぜん太りませんでした。

友達にも一緒に食事すると

嫌がられる(もちろん心配してくれますよ。)

くらいすぐに横になったり

動けなくなったり

トイレも近いので本当に困りました。

それなのにしっかり食べないといけないと

思い込んでいて一生懸命食べました。

食べてはお腹を壊し、

食べては氣持ちがわるくなり、

そんな感じが15年も続いたのです。

15年だからもう治らないと思いますよね。

その間に腸閉塞は数回ありました。

腸の動きが止まって、

ほかっておくと死んでしまうんです。

今までを含めると8回なりました。

そんな私が今はほとんどお腹を壊すことなく

今では普通の人より健康に元氣に

見られることのほうが断然多いのです。

それは、

食べないといけないという思考が

全く間違っていたのです。

食べないと栄養がつかないから

無理して食べる。

そして、悪循環になる。

どうして悪循環になるかというと

そもそも、成長期でもない大人が

運動も何もせずに3食は多すぎるということ。

そして、食べ物が悪る過ぎるということです。

つまり、体に負担のある食べ物を

何度も食べるということ自体に

体を痛めつけているようなものだと

いうことです。

普通の人でも体に悪いのに

胃を3分の2と十二指腸を切除して

無い私にとったら

当たり前のことだったのです。

なのに、なぜわからなかったのか?

それは、世の中の常識が

3食食べるのが常識になっているからです。

常識とは、それをわざわざ意識できないほど

普通になっているので、

氣づこうと思っても、

私のようによっぽどのことがない限り

氣づけないのです。

食べないといけないという常識から

食べない方がいいという常識へは

なかなか変わりません。

それには、もう一つ原因があります。

私たち一般庶民に、

いっぱい食べ物を食べさせた方が

良い理由があるのです。

食べると病人が増える、

増えると都合がいい理由。

そういう理由を考えて見てください。

同じように、

みなさんが過ごす、暮らす、

とても大事な空間はどうでしょうか?

空間もやはり有ったらよく無いものが

あります。

しかし、無いと非常識になる。

そう、それがビニールに囲まれた空間

です。

ビニールに囲まれた空間?

そんなこと意識したことありませんよね?

よ〜く考えてみてください。

わざわざ空間を通氣のない

湿気を吸わない壁や天井、床に

囲まれているのに、

氣づけないのが今の常識だからなんです。

さて、

その常識を覆すことよりも

まず、私たち、

ひとりひとりが氣づくことです。

誰のせいでもない

自分自身のことですから。

貼るという常識から

呼吸の出来る空間

湿気を調整してくれる空間が

普通だと感じてください。

そしたら、病氣になんてならない、

いや、なっても精神までおかしく

ならないですよ。

私のセミナーではそういう話もしていますので

一度は聴いてみてください。


地鎮祭を終えて

地鎮祭はなぜやるのか?

私は地鎮祭をとても重要視しています。

こらから、家を建てる人に必ず質問します。

地鎮祭はやりますか?

地鎮祭をやるやらないに関わらず

着工前に必ず伝えておかないといけないことが

あり、それをお伝えするということです。

家づくりには欠かせないものです。

私はこれまで何年もこの住宅の世界で生きてきて

つくづく感じることがあります。

本当に人によって人生というものが違う

ということです。

そして、何度も何度もやっていく中で

必要なことがわかってきたんですね。

それをお伝えはする場面が最低

ありがとうの家づくりセミナー

地鎮祭、塗り壁体験、お引き渡しの場面です。

人によってはそれ以外にも何度も何度も

お伝えしています。

それが大事な理由は

その人その人の幸せのためですね。

月並みな言い方しかできませんがね。

そして、それが必要だという根拠や確信は、

実際にそれを経てありがとうの家、

思いやりの家で暮らしている人たちです。

これが私の結果、証拠、宝物です。

すでに、それを体得し始めてるいるご夫婦に

地鎮祭を終えて感想を聞きました。

多くの方は実際に暮らし始めたからわかることを

このご夫婦はすでに感じてますよ。

すごいですね。

地鎮祭を終えて


【耐震博覧会】結構楽しかったですよ

今日はポートメッセなごやまで

バスツアーでした。

結構楽しかったですよ。

バスツアーなんて

最近あんまり聞かないかもって

感じですけど

行ってみると面白いと思いますよ。


バフを降りると置いてきぼりで

みんなとことこ入ってっちゃいました。


耐震博覧会はやはり耐震がメインかと

思われますが

かなりいろんなものが見れましたよ。


外断熱+塗り壁の実演をしていました。

ちょうど、Be.Homeと同じ工法なので

わかりやすく説明してくれていいなぁと

思いましたよ。

動画も撮影しときました。



リクシルさんなんかもいましたし

各ビックメーカーも勢揃いでした。


今日、地震ありましたよね、

私はちょうどお風呂に入っていました。

頭洗ってたのでちょっとビックリでしたよ。

そして、そのあと車で運転していたら

ラジオで地震の話しをしてまして

ちょうど、それがZIPFMだったんです。

そして、今日行く会場で生中継してるってんで

それはまた偶然だなぁと思いましたよ。


いつもお世話になってる

ウッドワンの内藤さんもいました。

そういえば誰か、

ウッドワンのキッチンが良いって言ってたなぁ〜


そうそう、

会場に入ってスグにいただいた弁当を食べて

このご家族と家族会議をしました。

今どき素晴らしい同居生活を目指してます。

とっても羨ましいし、とっても素敵です。

最近は核家族が当たり前だから

ホント、幸せですよ。

会場が2つあって、

もう1つの会場に入ったらいきなりこんな

神代杉が横たわってた!

これだけでも来た甲斐ありますよ!

スゲー!お金出しても買えないくらい

貴重です。


ヤマガタヤ産業さんの

もっくんの実演もありました。

木と塗り壁大好きな私は

塗り壁が木なんてとってもステキだと

思います。

部屋のアクセント壁なんかに使ってみよ〜


カルクウォールの説明を

関西弁の女の子が熱心に説明してくれました。

goo!


これまた氣に入りました。

自然塗料のいろはさん

使ってみたい!と思いましたよ。

塗料へのこだわりや情熱を感じました。


静岡大学のブースもありました。

院生の女の子の説明は抜群!

自然素材の樹脂の接着剤の研究

自然素材の樹脂のプラスティックでうちわの

骨組みをつくったものも見せてくれました。

普及するといいね!


岐阜大学!

地元の大学のブースもあった!

光永教授という素晴らしい方とお話しできて

ラッキーでした。

岐大の学生さんがやっぱいいね〜

このあと教授が講演されてて

学生さんたちも熱心に聞いてました。



ね、講演してるでしょ〜


教授ともっといろいろ話したかったなぁ〜


江戸時代からある

あそび文字っていう筆で

絵っぽくかく文字を書いてもらいました。

書いてもらったのは

「あなたの心を塗り替え隊」

あ、あなたは塗装屋さんですね〜

わかりやすい〜って言われたから

塗り壁屋さんですって答えましたけどね〜


いやいや、本当に楽しかったですよ。

また、企画したいなぁと思いましたよ。

ほんと、今度はみなさんも参加してね!

帰りのバスに乗った途端

お腹が痛くなりました。

わたしはバスに少しトラウマがありました。

今は克服してるのであえてお話ししますが

16歳の時に胃を三分の二と十二指腸を

切除して摘出する手術をしてから

15年毎日下痢でした。

なので、バスを止めたことも

トイレを常にさがさなくてはいけない

生活でした。

乗った途端にやばい!と思いましたが

無事乗り切りました。

岐阜バスのガイドさんも運転手さんも

心配してくれて有り難う。

ということで

本当に一日ありがとう。

参加してくれたみなさんありがとう。

また、一緒に行きましょう〜(^^)


羽柴式地鎮祭In北方町

今日は岐阜県本巣郡北方町で

地鎮祭でした。


地鎮祭とは?

地鎮祭とはなんでしょうか?

今日のテーマは“お祓い”でした。

確かに祓うということは大事です。

では、何を祓うのか?

厄を祓う?

厄とは災害や事故、病氣や怪我、

人間関係などなどの関わりが

厄介なことにならないようにしたいという

ことですね。

そりゃそうでしょうね。

そして、建設の場合だと

無事工事が進むようにということになります。

本当にそれだけでしょうか?

そして、お願いすれば厄は

祓われるのでしょうか?
ま、言って見ればそれを伝えるのが私の

地鎮祭なんです。

本当に今、必要な地鎮祭というのは

不安や迷いや疑いを無くすことではなく

有り難いに氣づくことです。
ありがとうの家づくりの第一歩ですから

地鎮祭は本当に大事な場面ですね。

まだまだ、若いご夫婦 

なんだか土地が大きく見えますが

きっと、ありがとうの人生を歩んでいくと

私が“太鼓判”を押しますよ〜

山北家の家づくりの第一歩

【羽柴流地鎮祭】の様子は動画で

撮りました。

最初の5分の部分だけですが

良かったらご覧ください。


六月に入りました。

先日ご案内しました、

6月24日土曜日の

『無料バスツアー』の日程が追加されました。

25日の日曜日もOKです。


OBさんももちろん参加OKなので

ドシドシ申込ください!